« 本多勝一さんとのひととき/個を立てるということ | トップページ | NHKは英国の公共放送BBCから何を学ぶべきか(1) »

NHK受信料督促ホットラインを開設

 NHK4月以降、準備が整い次第、受信料不払い者に対して裁判所を通じた支払い督促を行うと公言している。
 
政治からの自立にせよ、受信料の不正使用の再発防止にせよ、失われた信頼を取り戻すための具体的な改革を行動で示さないまま、裁判所を使った支払い督促をちらつかせて、威嚇的に支払い再開を誘導しようとするNHKの手法は愚行というほかない。
 
このところ、私たち「NHK受信料支払い停止運動の会」には、E・メールや電話、郵便でこうしたNHKの姑息なやり方に対する怒りの声が数多く寄せられている。しかし、その一方で、支払い督促の予告に不安を感じた人たちからの問い合わせも増えている。

 そこで、私たちの会は明日、327日(月)から42日(日)まで、電話・FAXによる「NHK受信料督促ホットライン」を設けることにした。
 
幸い、NHK問題に取り組んでいる弁護士グル-プの中の4名の方の協力も得て、準備が整った。『共同通信』はすでに、この「ホットライン開設」のニュースを配信した。
 
そこで、このブログでも「ホットライン」の広報文を以下に転載する。これをご欄になった方々が転送・転載などの方法で広報にご協力いただけたら嬉しい。

     〔NHK受信料督促ホットライン実施要領〕

  NHK受信料支払い停止運動の会

開設日時:2006年3月27日(月)~4月2日(日)
         
19:00~21:00
電話番号:048-873-3520(FAX兼用)
     上
記の時間外はFAX、留守電で対応
受付け内容:
    ・NHKが行なう受信料支払い督促についての
     談・対応の仕方等

    ・専用電話による対応の他、場合によっては弁護
     士
等専門家への相談・紹介

なお、ホットライン終了後は会の常設電話として使用する予定です。

|

« 本多勝一さんとのひととき/個を立てるということ | トップページ | NHKは英国の公共放送BBCから何を学ぶべきか(1) »

NHK問題」カテゴリの記事

コメント

ブログ何時も読んでおります。
ご意見には全く賛成であります。
今度の会長候補の福地なる人は長崎出身ではなく福岡のようであります。大学は長崎大学でありますが。
古森の出身地の長崎に、故意に結びつけているように取られ、内容の信ぴょう性が疑われます。
よく調べて記載してください。

投稿: | 2007年12月21日 (金) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本多勝一さんとのひととき/個を立てるということ | トップページ | NHKは英国の公共放送BBCから何を学ぶべきか(1) »