« 被爆少女の手記にまで及んだGHQによる原爆記録の検閲 | トップページ | 自主自律の堅持をNHKに迫った経営委員の気概と良識(1) »

放送法「改正」法案の全文判明

 総務省は先日、「放送法等の一部を改正する法律案」を国会に提出したが、昨日夕方、法案全文が総務省のHPにアップされていることがわかった。URLは次のとおり。
  http://www.soumu.go.jp/menu_04/k_houan.html

 この間の経過は、「「ちょっと待って! NHK受信料義務化を考える全国市民連絡会」のHPに掲示されている。
  http://nhk-shiminrenrakukai.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_267e_1.html

 その連絡会の記事でも指摘されているが、総務省のHPにアップされた文書はかなりの分量である。部外者には、そのうちの「放送法等の一部を改正する法律案新旧対照条文」が有用と思われる。このブログの今回の記事では、法案の全容判明という情報の掲示にとどめ、次回の記事では、この新旧対照条文にそって、主な「改正」箇所とそれに関する私見を述べていくことにしたい。

|

« 被爆少女の手記にまで及んだGHQによる原爆記録の検閲 | トップページ | 自主自律の堅持をNHKに迫った経営委員の気概と良識(1) »

「メディア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 被爆少女の手記にまで及んだGHQによる原爆記録の検閲 | トップページ | 自主自律の堅持をNHKに迫った経営委員の気概と良識(1) »