« NHK経営委員会から回答が届く | トップページ | 自ら企画・提案した事項を自ら議決・監督するという一部のNHK経営委員の珍妙な法解釈 »

会計理論学会で研究発表

 去る10月19日~21日、東京水道橋の日本大学法学部で第22回会計理論学会が開催された。私は会員ではないが、統一論題「公益性組織の責任と会計規制」の報告者の一人として研究発表の機会を与えられた。そこで、最近関心を持っている国の特別会計を題材にして、「財政運営の規律と監視のインフラとしての公会計」というタイトルで発表を行い、討論にも参加した。

 以下、その折に準備したパワーポイントの配布資料版と討論の中で私の報告に対して3人の参加者から提出された質問ならびにそれに対する私の回答用スライドを掲載しておく。
 なお、以下は未定稿なので無断転載、引用等は堅くお断りする。

報告用パワーポイントの配布資料
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/kaikei_rirongakkai_powerpoint.pdf

報告に対する質問と回答
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/kaikei_rirongakkai_QA.pdf

|

« NHK経営委員会から回答が届く | トップページ | 自ら企画・提案した事項を自ら議決・監督するという一部のNHK経営委員の珍妙な法解釈 »

会計学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK経営委員会から回答が届く | トップページ | 自ら企画・提案した事項を自ら議決・監督するという一部のNHK経営委員の珍妙な法解釈 »