« 生活保護・医療保険はセ-フティネットとしてどう機能しているか~NHKスペシャルへの自民党議員の攻撃に関連して(その1)~ | トップページ | <ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展>へ出かける »

NHKの番組編集の自由を守る自覚を促した参議院総務委員長見解――NHKスペシャルへの自民党議員の攻撃に関連して(その2)――

 1つ前の記事で、さる511日に放送されたNHKスペシャル「セ-フティネット・クライシス~日本の社会保障が危ない~」に関して、520日の参院総務委員会で磯崎陽輔議員(自民党)が参考人として出席したNHK正副会長ほかにむかって、政治的に偏向した番組だと非難したことを取り上げた。この質問に関しては、当の参議院総務委員会の筆頭理事の間でも議論が交わされた模様で、さる610日に開催された同委員会での質疑の中で、高嶋良充委員長は次のような委員長見解を読み上げている(参議院委員会議事録より引用)。

委員長(高嶋良充君) 速記を起こしてください。
 筆頭理事間協議も含めまして、委員長として見解を申し述べた方がいいと、こういうことでございますので、委員長の方から、ただいま加藤委員からの質問について見解を申し上げたいと思います。
 NHKを始めとする放送局には、国民の知る権利に奉仕するため、表現の自由が確保されております。放送法においても、何人も法律に定める権限に基づかなければ放送番組に干渉、規律することができない旨の放送番組編集の自由が保障されているわけでございます。
 しかし一方では、公共放送としてのNHKには、その番組編成に当たって政治的公平性、中立性をしっかりと担保していただくことが求められていることもこれまた事実でございます。
 本総務委員会は、放送を所管する委員会として、NHKの予算や決算等の委員会審議を通じて、放送の健全な発展と公共放送としての番組の政治的公平性の確保を図り、さらに、報道の自由や表現の自由を守っていくという責務を有しておるというふうに考えております。
 以上の観点から申し上げますと、総務委員会における審議に際しても、これらのことを再認識をしていただいて、個別の放送番組に対する発言は、その内容が番組編成権の干渉に及んだり、放送番組編集の自由を阻害するおそれのないものでなければならないというふうに思っております。
 もとより、委員会質疑に当たっての議員の質問権の尊重は当然のことでございますが、しかし、委員会における発言がNHKの放送番組編集の自由を侵害しているのではないかとの疑念を招くようなこととか、あるいは番組制作を萎縮させることがないような、そういう慎重な、より注意深い質問に当たることが委員各位には求められているのではないかというふうに思っております。
 委員長としては、この際、この点につきまして、改めて委員各位にも認識を深めていただきたいと考えておりまして、以上の見解を申し述べて、加藤委員の質問の答弁に代えさせていただきたいと思います。


 最近、国会質問の場でNHKの個別の番組を取り上げ、政治的に偏向しているとの非難が向けられることが少なくない。そうした中で、NHKの予算の審議、決算の審査を行う参議院総務委員会において各党筆頭理事の協議に基づき、上記のような委員長見解がまとめられ、議事録に残されたことは、今後の国会質問の場での政治と放送の関係を規律していく上で重要な意味を持つと考えられる。また、委員長見解の中で、番組制作を萎縮させるような国会議員の質問権の行使に釘を刺したことも注目に値する。

|

« 生活保護・医療保険はセ-フティネットとしてどう機能しているか~NHKスペシャルへの自民党議員の攻撃に関連して(その1)~ | トップページ | <ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展>へ出かける »

「NHK問題」カテゴリの記事

コメント

放送は政府・与党偏重をやめるべきです.

以下を関係先に送付しました.

NHK26日朝7時、現首相国連演説関連で約220秒以上の放送がありました.

◆政府与党関連:100パーセント
◆対立する意見:0パーセント

この放送は政府偏重ですが、戦前の政府宣伝の伝統が守られています.

テロ関係では「国際社会のテロとの戦いに今後も参加する」と、政府の政策だけをそのまま伝え、「力による対決は逆効果」などの反対意見は無視されました.

与党偏重は体質かもしれませんが、「公正・公平を守る」ことが義務です.

受信料の支払いは、局側の義務が遂行されなければ、拒むことができます.
(民法553条.否定判例はなく、NHKもそれを否定していません)

民放にも同様に政治的不公正が目立ちます.スポンサーへの抗議・不買にも、法律上の根拠があります.

[同文送付]BPO, 消費者・視聴者団体、政党、日弁連、メディア、各種ブログ等

投稿: ささきのぶひこ | 2008年9月26日 (金) 10時29分

NHKの与党偏重は、目にあまります.放送法を守ってほしい.
以下を関係先に送付しました.

26日朝7時のニュースで、与党の前首相・現首相関連で約640秒以上の放送がありました.

◆与党関連:与党5名のコメントを含め580秒以上
◆野党関連:4党各1名平均約15秒

この放送は、あまりにもアンバランスです.

国内・国際の重要な問題が扱われましたが、ほとんど与党関連という結果.

改善が望まれます.

よい、公正な放送部分には、受信料支払いを含め支持・協力します.

(不公正部分には、民法533条上、受信料の支払拒否が認められています.
否定判例はなく、NHKもそれを否定していません)

民放もNHKにならって政治的不公正が目立ちます.同様にスポンサーへの抗議・不買にも、法律上の根拠があります.

[同文送付]BPO, 消費者・視聴者団体、政党、日弁連、メディア、各種ブログ等

投稿: ささきのぶひこ | 2008年9月26日 (金) 08時26分

以下を関係先に送付しました.

NHKには、政府・与党寄りが目立ちます.
[372927]の質問(新閣僚の記者会見)にも関連して、政府・与党の報道に当たっては、以下が必要だと思います.

a事実報道(上記記者会見の例では十分だと思います)
b国民にとり重要で、反対意見のありうる問題については、反対意見も公平に伝える(非常に不十分)

政府・与党寄りは、伝統なのでしょうが、改善が必要です.

[提案]政治部の与党担当は、野党・世論の反対意見を軽視する傾向があり得るので、反対意見を常にチェックし、反対意見を公平に伝える機能を制度的に保証し、活動を公開する.

よい、公正な放送部分には、受信料支払いを含め支持・協力します.(不公正部分には、民法533条上、支払拒否が認められている.否定判例はなく、NHKもそれを否定していない)

[同文送付]BPO, 消費者・視聴者団体、政党、日弁連、メディア、各種ブログ等

投稿: ささきのぶひこ | 2008年9月26日 (金) 04時34分

NHK9月24日朝6時のニュース ─ 適正かどうか?


約310秒政局関連が放送されました.
◆与党関連210秒強
◆民主関連23秒強
◆社民約7秒
◆共産0秒
◆野党4党の動きとしてコメント25秒

これは、以下の点で不適正、不公平です.
a与党に偏重している
b野党間の違いが明確でない

「bは適法」の見解もあります.
しかし、2大政党論に偏していて、「真実」の部分で不十分です.

裁判の前に、世論で決めるべきです.

科学的な世論調査を希望し、公開を望みます.

現状では不公平部分の受信料支払い保留・拒否、スポンサーへの抗議・不買などの運動が考えられます.ともに法律上の根拠があります.

改善により、そのような展開のないことを希望します.

よい放送、公正な放送部分は、受信料支払いを含め支持します.

[同文送付]BPO, 消費者・視聴者団体、政党、日弁連、メディア、各種ブログ等


投稿: ささきのぶひこ | 2008年9月24日 (水) 07時34分

下記質問をNHK宛てに出しました.
500文字制限により、2回に分けました.
(以下引用)
下記放送がありました.

1) 自・民2党の幹事長だけの意見
2) 野党側 民主国対委員長だけの紹介
3) 給油活動について米側意見や「米国の立場」だけの強調

上記3点で、政治的に公平・少数意見の尊重の原則は守られていなかったと考えます.

放送法は、NHKの放送法にもとづく番組の提供と、受信機設置者(視聴者)の受信料の支払い義務を規定しています.

放送法の精神に反した番組に関しては、民法の「同時履行の抗弁権(533条)」上、視聴者には「受信料支払いの義務」はないと考えられます.(注)

(注)民法(同時履行の抗弁)
第533条 双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる。
(以下(2)につづく)

2008年09月02日 NHK総合テレビ 21:00 の番組について(2) 


この規定にもとづいて、報道番組の放送法厳守があるまで、不適当部分の視聴料の支払い義務はないと考えます.(NHKの他の放送法に従った部分の視聴料に関しては、当然のことながら、放送法の規定には無関係に、積極的に支払いたいと考えます)

NHKの放送時間・内容のうち、この種の不適切な(視聴者の政治判断にかたよった影響を及ぼす)番組比重に応じて、その部分の視聴料の支払いは保留したいと考えています.

相当視聴料の額をご回答ください.

この問題で、見解の相違がある場合には、第3者による世論調査と裁判の判断が適当であると考えます.
その場合には、この種要望に関するNHKの対応に関しても、判断材料とされるべきだと考えます.

このメールの本意は、適切な放送を求めることであります.
(引用終了)

投稿: ささきのぶひこ | 2008年9月19日 (金) 06時30分

朝日新聞報道による、NHK子会社の、中央官庁主催のシンポジウムを、NHKで報道する前提で受託し、かつその事実に何も触れないまま、報道・放映した問題。
相変わらず、官製報道を、一般庶民の受信料で成立しているNHKで、無自覚に垂れ流す無責任さ。
我々は、受信料不払いという対抗手段すらないというこの現実。誠に情けなくなります。
何かいい方法がないのか?
どう思われます、先生。

投稿: Gon-視聴者コミュニティ一員 | 2008年8月25日 (月) 08時07分

NHK会長がインサイダー問題
調査の第三者委員の酒席に参加

http://www.kinyobi.co.jp/KTools/antena_pt?v=vol714

やはり財界出身会長では心配です。

投稿: watchcat | 2008年8月 8日 (金) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生活保護・医療保険はセ-フティネットとしてどう機能しているか~NHKスペシャルへの自民党議員の攻撃に関連して(その1)~ | トップページ | <ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展>へ出かける »