« 「大学生の就学機会を侵害する研修等の自粛を求める要望書」――日本公認会計士協会会長宛に発送―― | トップページ | 介護報酬の引上げは保険料の引上げなしでも可能である~介護保険財政の現状分析(1)~ »

NHK新経営委員長の選出にあたっての要望書を提出

昨日(20081218日)、「開かれたNHK経営委員会をめざす会」は衆議院第1議員会館で、「視聴者・市民の推薦候補と各界・国会議員の意見交換会」を開催した。集会には、「めざす会」がNHK経営委員候補に推薦した桂敬一、湯山哲守の両氏のほか、国会議員(民主党<秘書1名>、日本共産党2名、社民党<議員1名、秘書1名>)が出席され、それぞれ所信表明とスピーチをいただいた。また、意見交換会では、元NHK解説委員の小出五郎さんや札幌から駆け付けていただいた元NHK職員の方などから発言があった。

 なお、この日、院内での集会に先立って、「めざす会」の代表4名がNHKに出向き、下記のような要望書を提出した。

***************************************************************
                         20081218
NHK経営委員 各位

          新経営委員長の選出にあたっての要望

開かれたNHK経営委員会をめざす会(世話人:松田浩・桂敬一・野中章弘)
 
賛同団体:NHK問題京都連絡会 NHK問題を考える会(兵庫)
            
NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ  
            NHK問題大阪連絡会 NHK問題を考える大阪の市民の会
            日本ジャーナリスト会議  放送を語る会



 経営委員の皆様には日頃より、公共放送NHKの充実・発展のためにご尽力いただき、厚くお礼申し上げます。

 伝えられるところでは、1222日に開催される次回経営委員会において、古森重隆氏の後任の経営委員長の選出について話し合われると伺っています。改定された放送法によって権限が強化された経営委員会には、権限に見合う透明な運営、視聴者の声に真摯に耳を傾け、説明を尽くす責任がひときわ強く求められています。経営委員会を主宰する新経営委員長はこのような趣旨に沿って、視聴者主権の理念に基づき、透明で公正な手続きの下に選出される必要があると考えます。
 そこで、当会は新経営委員長の選出にあたって、以下の要望を申し入れます。熟慮あるご検討をお願いいたします。

1. 新経営委員長は残る3人の経営委員が選任され、これら委員が協議・議決に加わるのを待って選出すべきです。
 (理由)
  ① かつて、石原邦夫経営委員長が母体企業の「不祥事」の責任をとって委員長を辞任されたとき、新委員長が選出されるまでの間、委員長代行が委員会を主宰されました。こうした措置で特段、支障があったとは聞いておりません。今回も23ヶ月の間、この方法を採用することで特段、支障はないと考えられます。
  ② 経営委員会を全委員の合議で運営する以上、来年1月早々に召集される予定の通常国会で選任される3人の委員も委員長の選出に加わるのが民主的なプロセスです。 

2
. 各方面から批判が絶えなかった古森経営委員長時代の経営委員会の運営を教訓として、新経営委員長には次のような委員が選出される必要があると私たちは考えます。
 ① 公共放送としてのNHKと民間営利企業との経営理念の違いを十分理解した人物。NHKは多様な意見が交わる言論の広場としての役割を担うものであり、視聴者へ還元すべき第一義的な目標はコストダウンによる受信料の値下げではなく、多様で良質な番組のはずです。また、NHKは国策遂行の道具でもなければ、国論を束ねる手段でもありません。このことを深く認識できていることが経営委員長に不可欠の条件です。
 ② 経営委員会が視聴者の代表機関としてNHK執行部と緊張関係を保ち、是々非々の姿勢を貫くよう、委員会を主宰できる人物。その際、NHK執行部が担う経営計画立案・執行機能と経営委員会が担う議決・監督機能の責任分担をわきまえた委員会運営をできる人物であることも重要です。
 ③ NHKに対する外部からの干渉に対し、放送の自主自立を守る砦として経営委員会を機能させる意欲と能力を持った人物。

3
. 上記2のような条件を備えた人物が経営委員長にふさわしいとなれば、古森経営委員長の選出にあたって採用された委員長の要件――①委員会の効率的で円滑な運営を図るため、東京(もしくは首都圏)に在住する委員、②経営に携わった経験がある委員――には合理的根拠はなく(過去、地方在住の経営委員長は数多く存在)、こうした要件を棄却するのが当然であると考えます。

4
. どなたが委員長に選出されるにせよ、委員長就任にあたって公の場(たとえば、経営委員会議事録か正規の記者会見の場など)で視聴者に対して文書で所信を明らかにされるよう要望します。そして、その所信の中には、当会からのこの申し入れに対する回答にあたる内容を、形式はともあれ実質において、含むよう要望します。
 また、他の視聴者団体、個人から新経営委員長の選出に関して同様の申し入れがあった場合は、適宜、それらを整理・集約した形の回答を所信に含めていただくよう、要望いたします。

 最後になりますが、近時、NHKのあり方に関心(激励や批判)が高まる中で、視聴者を代表するNHK経営委員会の言動、運営のあり方にも熱い関心が注がれています。この点を十分にお汲み取りいただき、公共放送NHKの議決・監督機関の長にふさわしい見識を備えた経営委員長が選出されますよう、心より期待するものです。
                            以 上

|

« 「大学生の就学機会を侵害する研修等の自粛を求める要望書」――日本公認会計士協会会長宛に発送―― | トップページ | 介護報酬の引上げは保険料の引上げなしでも可能である~介護保険財政の現状分析(1)~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。