« 秋の学習院目白キャンパスを訪ねて | トップページ | 白樺派文人ゆかりの地・我孫子市を訪ねて(2) »

白樺派文人ゆかりの地・我孫子市を訪ねて (1)

 大逆事件/針文字書簡の受取人・杉村楚人冠の足跡を訪ねて
 
1012日(水)、連れ合いといっしょに我孫子市に出かけた。標題に「白樺派文人ゆかりの地」と書いたが、きっかけは大正131924)年から亡くなる昭和201945)年まで我孫子に在住した杉村楚人冠(本名:広太郎;18721945。「縦横」という筆名も使っていた)の足跡を訪ねることだった。では、なぜ楚人冠なのかというと、最近、大逆事件の死刑囚の一人・菅野スガ(須賀子)が獄中から楚人冠に宛てて、幸徳秋水の弁護を求める書簡を送った針文字の書簡が我孫子市の杉村家から発見されたのを知り、楚人冠とはいったいどういう人物だったのか知りたいと思ったからである。
 出かける前に我孫子市の郷土資料を所蔵していると思しきところを調べたら、同市教育委員会文化・スポーツ課が昨年11月に同市にある白樺文学館で大逆事件100年を記念して「針文字書簡と大逆事件~事件が文学に与えた影響~」展を開催していたこと、その時に配布された資料をもとに「針文字書簡と大逆事件~事件が文学に与えた影響~」(我孫子市文化財報告第3集(20113月)が刊行されていることがわかった。

 そこで、ひとまず、この資料を手に入れられないかと同市教育委員会文化・スポーツ課に電話をすると、白樺文学館に在庫があるとのこと。すぐに同館に電話して用件を伝え、近くそちらへ出かける予定と告げると、「では、1冊取り置きしておきます」と応答してもらえたのは有難かった。
 というわけで、今月12日に我孫子市にある白樺文学館に出かけることにしたのだが、楚人冠の関係資料が所蔵されている、手賀沼公園のそばにある市民図書館アビスタ本館にも立ち寄ることにした。併せて、下調べのつもりで、同市のホームページを調べてみると、白樺文学館の所在地とあって、志賀直哉、武者小路実篤、柳宗悦の邸宅跡のほか、講道館の設立者であり高等師範学校校長といった教育者としての足跡も残した嘉納治五郎の別荘跡や楚人冠記念公園もあることがわかった。
 あびこ電脳考古博物館:市内の史跡・文化財:作家・文人達の足跡
 http://kouko.bird-mus.abiko.chiba.jp/siseki/bunruifgoto/sakka.html

  天神坂を上って嘉納治五郎・柳宗悦の邸宅跡へ
 1012日は晴天に恵まれた1012日。1050分ごろ、JR我孫子駅に着く。まずは駅南口を出て左手にあるけやきプラザ1階のインフォメーションセンターに立ち寄り、周辺地図を探す。係員は懇切に当方の用件を聞き取って、たくさんのちらしや地図をもらった。連れ合いはそこに陳列されていた白樺カレーが気に言ったようだったが、帰りにもう一度立ち寄ることにして先を急いだ。駅前ロータリーを抜けて下り坂の公園坂通りを10分ほど歩くと手賀沼公園にぶつかり、そのわきに市民図書館(生涯学習センター・アビスタの1階)があるが、まずは、交差点を左折してすぐのところに点在する白樺派文人らの邸宅跡と白樺文学館に出かけることにした。といっても歩いて5分もしないうちに各邸宅跡を示す案内標識が目に止まった。
  天神坂手前の案内標識
50
 天神坂と呼ばれる長い石段の坂を上リ切ると(1125分ごろ)、すぐ右手に嘉納治五郎(18601938)別荘跡があり、道路を隔てた向かい側にあるのが柳宗悦の居宅跡である。嘉納は明治441911)年に我孫子のこの地(緑1丁目)に別荘をもったが、彼が白山1丁目付近(公園坂通りの西側)に所有した後楽農園ではジャムにできる「グズベリー」などさまざまな作物を栽培したという。治五郎の死後、農園は売却され、分譲地となり東京からの移住者が増えて、今日の田園都市的な我孫子市発祥の礎にもなったという。
 ここへ来てわかったことだが、柳宗悦(18891961)は嘉納治五郎の甥で、嘉納の紹介でこの地に別荘を設けたということだった。柳は東京帝国大学在学中に白樺の同人となり、大正31914)年、声楽家・中島兼子と結婚し、兼子の姉・谷口直枝子の別荘地であったこの地に移り住んだというのがいきさつらしい。そして、直枝子がこの地に別荘を購入したのは叔父・嘉納治五郎が東隣に別荘を設けていたためというから、話はいささか込み入っている。柳の邸宅地は三樹荘と呼ばれているが、その由来は当地の人々が“智・財・寿”を表す樹木として信奉していたシイの古木がこの敷地内に3本あったことにあるといわれている。この地は今は別人の所有になっているが、3本のシイの木は今も立派におい茂っていた。

 三樹荘跡地
50_2

 楚人冠記念公園から白樺文学館へ
 天神坂を下って、元来た細い道路を東方向へ歩くと、次の案内標識があった。左折する道路の先に「楚人冠記念公園」があるというので歩いてみたが、なかなかそれらしい場所が見当たらない。しばらく周辺をうろうろした後、庭木の手入れをしていた男性に尋ねると、少し引き返した先を右に曲がるとすぐ見えてくるという。確かに、高台の緑地があり、坂を上がると広場に出た。ここが楚人冠記念公園らしいが、辺り一帯雑草がのび、手入れもされていなくて、いささか拍子抜けの感じだった。ただ、広場の北側に、楚人冠とこの地の縁を簡潔に説明した「楚人冠と我孫子」という標題の説明板と次のような句を刻んだ碑があった。
   筑波見ゆ 冬晴れの洪になる空

  楚人冠記念公園の掲示版
50_3

 楚人冠記念公園から元来た道に戻って更に東へ歩くと、5分としないうちに白樺文学館ののぼりが見えてきた。1210分ごろ正面玄関前に着くと思ったよりもこじんまりした建物だった。ここで改めて白樺文学館の沿革をごくかいつまんでいうと、もともとは経済人・佐野力氏が白樺派文人たちの活動を広く次代に伝えるために私財を投じて20011月に開館したものである。我孫子市在住の武田康弘氏が初代館長に就任して運営にあたったが、200711月に佐野氏が我孫子で大きく発展した白樺派文学を次代に伝えてほしいとの思いから、市へ白樺文学館の寄附の意向を示し、市との1年間の共同運営を経て200941日から我孫子市白樺文学館として管理・運営を開始したものである。詳しくは同館のHPに掲載されている「白樺文学館の沿革」を参照いただきたい。
 http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/21,58361,41,614,html

 入館して受付で名前を告げると、職員の一人がカウンターに取り置いてあった前記の「針文字書簡と大逆事件~事件が文学に与えた影響~」が入った封筒を差し出した。500円を払ったあと、館内の案内パンフを受け取ると、2階建ての館内は、4つの展示室に分かれ、地階は「柳兼子を聴く部屋」と名付けられたオーディオルームに分かれていた。1階の第一展示室では雑誌『白樺』創刊百周年記念特別企画展の一環として「武者小路実篤展」の展示になっていて(1218日まで)、実篤の生涯を学習院時代、我孫子時代、日向新しき村時代に分けてパネルで展示がされていたほか、実篤の初版本なども展示されていた。2階の第3展示室には実篤の諸作品、写真資料、ロダンの「鼻のつぶれた男」の像、夏目漱石の書簡、有島武郎の書、志賀直哉の「暗夜行路」草稿などが展示されていた。最後の第4展示室は和室で里見弴の色紙、長與善郎の色紙と軸、有島生馬の軸などが展示されている。
 順路に従って展示室を一巡した後、閲覧室を兼ねていた第2展示室に戻り、明治4344年当時の『白樺』を繰って、大逆事件に触れた作品なり論説なりがないか調べたが、それらしきものはみつからなかった。書架にはゆっくり調べてみたい図書・資料がたくさんあったが、所詮、1時間程度では間に合わないとあきらめ、またの機会とした。

|

« 秋の学習院目白キャンパスを訪ねて | トップページ | 白樺派文人ゆかりの地・我孫子市を訪ねて(2) »

「日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の学習院目白キャンパスを訪ねて | トップページ | 白樺派文人ゆかりの地・我孫子市を訪ねて(2) »