« NHK政治部記者に問いたい ~あなた方は安倍政権のスポークスマンに成り下がったのか?~ | トップページ | 山口代表、北側副代表は集団的自衛権に「反対」と回答していた!~二枚舌の公明党に鉄槌を~ »

NHKの作為・不作為の偏向報道を見透かすことが急務

2015722 

「対米公約」と偽称して強行採決を追認したNHK政治部記者
 衆院安保特別委(715日)での安保関連法案の質疑を実況中継しなかったNHKの報道に対してネット上で抗議が噴出、抗議と中継を求める意見がNHK殺到した。これを受けてNHKは当日の2時間前まで中継しないと決めていた16日の衆院本会議の模様を急遽、中継することにした。当日の新聞のテレビ番組欄に載せた放送予定を変更するのは異例と言われている。

 しかし、問題は国会中継をする、しないだけでない。定時のニュース番組の項目選択や伝え方、順番、各報告に充てられる時間配分にも安保関連法案に関して政府与党に不都合な事実を伝えない、伝えても「さらり」と流す露骨な偏向報道が続いている。一つ前の記事で書いた、NHKのニュース番組に登場する政治部記者の醜い政権肩入れ解説もその例であるが、同じ例を一つ、追加しておきたい。

 衆院特別委で安保関連法案が強行採決された715日夜のニュースウオッチ9に登場した中田晋也・政治部記者は鈴木アナから「国民の理解が進んでいないなかでどうして今日採決に踏み切ったのか」と問われたのに対し、こう答えた。

 「安倍首相が米国議会の演説で、今国会で法案を成立させると発言したことがいわば公約になっているのです。」

 安倍首相が、まだ安保関連法案を審議する衆院特別委が始まってもいない今年429日に、米国上下院合同会議で「今夏には法案を成就させる」と演説したのは国会軽視との批判を免れない。せいぜい、本人の「決意」か「願望」に過ぎない。それを「対米公約」にすり替え、日程上の逆算から採決に踏み切った理由に挙げるNHK政治部の記者は日本の民意、国会審議を何と心得ているのか? 時の内閣総理大臣の意向で法案成立の目途が決まるのなら、国会での熟議はいらないし、民意は不要である。「ていねいな説明」も美辞麗句に過ぎないことになる。
 こうした民意軽視の発想は、内閣支持率が急落し、過半の国民が法案自体に反対しているなかでも、安倍首相が、「支持率のために政治をやっているのではない」(720日、フジテレビ「みんなのニュース」で)と発言し、民意無視の開き直り体質をあらわにしたのを免罪するに等しい。
 そこからは中田記者(をはじめとするNHK政治部の記者?)と官邸の一体化、親密ぶりが透けてみえる。それほど政権の代弁をしたいのなら、自主自立を標榜するNHKを辞して、総理官邸の補佐官室か広報担当に転職したらどうか?

 
政権に不都合な事実を伝えない、踏み込まないNHK
 
政権の思惑の代弁が「作為」の偏向報道だとしたら、最近のNHKの報道には、政権に不都合な事実は伝えない、それに踏み込まないという「不作為」の偏向報道も顕著である。いくつかの事例を挙げておく。

 *衆院特別委員会で法案が強行採決された直後に浜田靖一特別委委員長は記者の質問に対して、「もう少し分かりやすくするためにも、法案を十本まとめたこと自体はいかがなものかと思う」と発言した。民放各局は「法案のわかりにくさを委員長が指摘する異例の事態」(TBS, Nスタ)などと浜田発言を報道したが、NHKは一切、伝えなかった。 

 *710日、15日の衆院特別委で野党議員(民主党辻元清美議員、共産党穀田恵二議員、赤嶺政賢議員)が陸上自衛隊のイラク復興支援活動の実態をまとめた文書(陸上幕僚監部『イラク復興支援活動行動史』20085)を取り上げ、「非戦闘地域」という呼称のまやかしとそこへの自衛隊派遣のリスクを追及した。

 例えば、辻元議員は710日の特別委で、独自に入手したこの文書(議員の求めに応じて政府が開示したのは危険性を記した箇所が黒塗り)に収録された第1次イラク復興支援群長の番匠幸一郎氏が同文書の第2編の巻頭言で、「イラク人道支援活動は純然たる軍事作戦であった」と記していることを取り上げ、「イラクでの人道復興支援が『純然たる軍事作戦』だったのなら、〔今回の安保関連法案に盛り込まれた〕後方支援はなおさら〔軍事作戦とならないか〕検証が必要だ」と政府に迫った。

 穀田議員も同じ日の特別委で、この文書をもとに、イラク派兵が実際には政府が説明するような「非戦闘地域での復興支援活動」にとどまるものではなく、①サマ-ワの自衛隊宿営地に打ち込まれたロケット弾は宿営地内の鉄製荷物用コンテナを貫通して宿営地の外に抜けており、大惨事となる危険性があった。②隊員は宿営地の外では銃から手を離さないよう指示されていた。③派遣前には隊員は至近距離射撃と制圧射撃の訓練をしてきた。その上で「危険と思ったら撃て」と指導した指揮官が多かった。
 穀田議員は復興支援活動に限定したとされるイラクでの自衛隊の活動でさえ、隊員は常時、身の危険にさらされていた実態と対比して、今回の安保関連法案は自衛隊の海外での活動の任務を治安維持活動等にまで広げるとなれば、政府の説明とは逆に、隊員が「殺し」「殺される」危険性がいっそう高まると追及した。

 715日の特別委でも赤嶺議員は法案審議の大前提になる資料が黒塗りのままでは質問をできないと質したが、野党議員が提出を求めた全面公開文書は強行採決後にようやく開示された。
 結局、特別委では、安倍首相は、上記の辻元、穀田議員の質問に対し、「イラクのサマーワは『非戦闘地域』と認定したがサマーワから外れた場所にも安全な場所がある」などと意味不明の答弁をして終わった。

Bansho_kantogen
 この陸上自衛隊の文書について、『朝日新聞』は717日の朝刊の1面に「イラク派遣 危険な実態 宿営地に砲弾10回超/囲む群衆に銃持つ人物」という見出しの記事を掲載。3面には「虚構の『非戦闘地域』」という見出しの大きな解説記事を掲載した。
 『東京新聞』も715日の朝刊の社会面に「『危ないと思ったら撃て』 自衛隊イラク派遣 詳細内部文書判明」という見出しの記事を掲載した。『共同通信』も719日、「イラク派遣『純然たる軍事作戦』不測事態、官邸が情報統制」という見出しの記事を配信した。

 
 しかし、NHK710日のニュースウオッチ9で穀田議員がイラクに派遣された自衛隊が制圧射撃訓練を行っていた点を質したのを取り上げたが、わずか47秒。前後の文脈を知らされない視聴者にとって質問が意味したことを理解するのは不可能だった。
 また、715日のニュース7とニュースウオッチ9では、赤嶺議員が審議に資するすべての情報を明らかにするよう政府に求め、それなしには採決には応じられないと発言した場面を放送した。しかし、ここでも、どういう資料の開示を求めたのが何も伝えず、何の解説もない映像のつなぎあわせでは、何が問題にされたのかさえ、わからなかった。

 この自衛隊内部文書は今回の安保関連法案で拡大される自衛隊の海外任務のリスクを検討する上で重要な教訓、提言を含んでいる。しかし、それについては次の記事に回し、ここではNHKの報道番組の「不作為」の偏向について検討を続けることにしたい。

安倍首相のお粗末きわまりない「たとえ話」を伝えなかったNHK
 NHK720日のニュース7で、その日、安倍首相が民放の番組(フジテレビの「みんなのニュース」)に出演し、今回の安保関連法案で行使を容認しようとしている集団的自衛権の意味を説明したことを伝えた。その中でNHKが伝えたのは、安倍首相が、安保関連法案を戦争法案と呼んだり、徴兵制に繋がると言ったりするのは間違っていると語ったこと、参議院の審議を通じて分かりやすく説明し、野党の理解が得られるよう努力していく考えを示したこと、だけだった。

 しかし、ニュース7が伝えたこのような発言は1時間半に及ぶ長時間の番組の中で安倍首相が冒頭の数分で発言した部分に過ぎない。安倍首相が大半の時間を使って説明したのは、隣家(米国)の「母屋」から火災が発生し、それが隣家の「離れ」に燃え移り、さらにわが家(日本)にまで延焼するおそれが出てきたときに日米一緒に消火活動をしようと言うのが「集団的自衛権」だという「たとえ話」だった。

Photo
Photo_3
  ところがニュース7は、このような「たとえ話」には全く触れなかった。私は知人からの知らせで、番組冒頭の5分ほどは見られなかった(あとで録画で確認した)が、その先はすべて視た。その上で、安倍首相が口癖のように言う「丁寧な説明」とはこういうものなのかと知ると同時に、中身のお粗末さに唖然とした。
 ネット上(ツイッターなど)でも、安倍首相が「たとえ話」のために用意した煙の模型がいささかグロテスクだったことへの茶化しも少なくなかったが、嘆息、あきれ声が殺到した。

 「戦争を『火事』で説明するのは適切じゃないよね。・・・・戦争は人が人を殺す行為。火事の現場じゃない。安倍の説明は、『戸締り用心・火の用心』に終始している。日本国民をなめているのか・・・・」

 「アメリカは、ベトナムで放火し、アフガニスタンで放火し、イラクで放火した。そのアメリカの後方支援をするってことは、マッチや燃料を運んでやると言うことで、日本は放火犯の一味となる。」

 「姑息な例え話。火事の消火活動は誰も傷つけはしないが、実際の武力行使は殺傷行為。また、消火器をアメリカに渡すというが消火器は人を殺さないが、実弾は人を殺す。」

 多少、私の感想を付け加えたい。
 *安倍首相は、いきなり、アメリカの母屋(本国?)で火事が発生したことから、たとえ話を始めるが出火の原因は何なのか? それを想定して、対策(防火策)を講じるのが先決ではないのか。
 恨みの放火なら、恨みを買うような行為(武力による抑止力という名の威嚇・挑発行為)を慎むこと、「テロとの戦い」を大義名分に各地へ先制攻撃を仕掛けてきたアメリカが大国主義的干渉政策を清算すること。これが最善の防火(安全保障)対策である。
 後者の不注意の出火なら、防火装置を取り付けること。ただし、これは集団的自衛権を説明するたとえ話としては失当である。

 *日本と「道路一つ隔てて隣接する」アメリカの「離れ」とは何を指すのか? ネット上でどなたかが言ったように、もしかしたら「沖縄」なのか? そうだとしたら、最善の対策はアメリカの出撃拠点となるような米軍基地を沖縄から撤去すること(防火策)である。アメリカに基地を提供することは類焼を防ぐ消火活動どころか、沖縄を放火(武力攻撃)の標的にするようなものである。

 *アメリカで出火した火事がどういう経路で日本に及んでくるのか? 日本近辺で邦人の救出活動に当たる米艦隊が攻撃されそうになった場合を想定するのだとしたら、日本の民間人自身を攻撃する意図というより、アメリカ軍を攻撃対象にする意図があるからではないか? そうだとしたら、アメリカ艦隊に救護を求めるのはかえって危険ということになるから、日本自身の警察力なり、正当防衛権を行使して救護にあたるのが正解であり、日米が一体化する集団的自衛権はかえって日本国民の安全を脅かすことになる。

 NHKはこれまで幾度となく、「丁寧な説明を心掛ける」という安倍首相の「意向」、「思い」を代弁してきた。それなら、安倍首相が90分にわたって試みた上記のような「丁寧なたとえ話」を詳しく国民に伝え、それを通して安保関連法案に関する国民の判断に資するのがNHKの使命のはずである。肝心の場面でこの使命を果たさず、「丁寧に説明する」と言う意向ばかり伝えるのでは、ただの録音再生か拡声にすぎない。

 そうした論評なき思考停止の放送は、不都合を広められたくない政府にとってはありがたい存在であるが、熟慮ある国民の政治参加という民主主義の土台を形骸化させる点では罪深い報道機関への堕落と断じなければならない
 裏返すと、以上見てきたNHKの作為・不作為両面の偏向報道を見透かすことは安倍極悪政権を追い詰め、退場させるための世論形成に必須の条件といっても過言ではない

|

« NHK政治部記者に問いたい ~あなた方は安倍政権のスポークスマンに成り下がったのか?~ | トップページ | 山口代表、北側副代表は集団的自衛権に「反対」と回答していた!~二枚舌の公明党に鉄槌を~ »

「NHK問題」カテゴリの記事

コメント

「戦争法案」を国会で審議しています。しかし、NHkニュースでは、すでに法案が成立し、自衛隊が多国籍軍の司令官として、ソマリアでの海賊対策にあたっていることを流しています。自衛隊は軍隊ではありません。なぜ、多国籍軍の司令官ですか。また、多くの国民は、ジブチに自衛隊基地があることを知りません。ジブチから、ソマリア、南スーダンへと活動していることを知りません。それを伝えるのがNHK,産経新聞です。NHK報道の批判もですが、それを利用することも必要です。長文になりますが、最近のNHKニュースを拾い上げます。
NHK:陸自 南スーダンでのPKO 活動を公開
7月25日 14時25分

陸上自衛隊は、4年目となる、アフリカ・南スーダンでのPKO=平和維持活動の様子を公開しました。拠点となる首都・ジュバでは、おととし、一時治安が悪化しましたが、その後情勢は安定し、現在は道路の整備などを行っています。

20年余りの内戦の末独立した南スーダンで、陸上自衛隊はおよそ350人を派遣して国連のPKOに参加していて、首都ジュバを拠点にした活動は4年目となりました。
24日、現地での活動の様子が公開され、このうちジュバにある2つの国連施設を結ぶ幹線道路では、隊員が重機を使い、路面を平らにする作業に当たっていました。
南スーダンではおととし、民族間の対立を背景とした武力衝突が起き、部隊は宿営地の外での活動を見合わせましたが、その後、ジュバの情勢は安定し、去年6月から道路整備などの活動を再開しています。現場では、拳銃を身に着けた隊員が周囲を警戒しながら作業に当たっていました。
また、最近では避難民を保護するための活動が多くなっているということで、およそ1万5000人の住民が避難生活を送るキャンプでは、隊員たちが襲撃を防ぐため、高さ2メートルの塀を整備し、鉄条網を張り巡らす作業に当たっていました。
派遣部隊の隊長の山下博二1等陸佐は「南スーダンの北部では散発的に衝突が起きているものの、自衛隊が活動するジュバなど南部は比較的安定しており、引き続き活動に当たりたい」と述べました。

南スーダンPKO派遣の経緯

南スーダンは、北部のアラブ系の政府と南部のアフリカ系の反政府勢力の間で20年以上続いたスーダンの内戦の末、2011年、南部がスーダンから分離する形で独立を果たしました。
国連は、南スーダンの安定した国造りを支援するため、PKO=平和維持活動を行う部隊を展開させ、日本にも陸上自衛隊を派遣するよう要請しました。
南スーダンでは現在、61か国から派遣された1万2000人以上の隊員が治安の維持などの活動に当たっています。

今も散発的に衝突 市民生活が悪化

南スーダンでは、おととし12月、民族間の対立を背景に、首都ジュバを中心に武力衝突が起きました。それ以来、キール大統領を支持する勢力と、副大統領だったマシャール氏を支持する勢力の間で、激しい戦闘が繰り返されてきました。国連などが中心となって繰り返し停戦を呼びかけてきましたが、長期的な停戦は実現していません。
現在、首都で戦闘は起きていませんが、北部などでは武装勢力どうしが散発的に衝突していて、混乱のなか、女性への性暴力や子どもの連れ去りなど一般市民の被害も相次いでいます。
国連によりますと、160万人以上が家を追われ、このうち15万人余りがPKOの部隊の基地などに避難を余儀なくされています。さらに、およそ460万人が深刻な食糧不足に直面するなど、市民生活が悪化していて、国連は、双方に対して、政治的な解決と和平合意の締結を求めています。

安保関連法案については…

自衛隊は、およそ20年前の平成4年から、国連のPKOとして海外に部隊を派遣していて、現在の派遣先は南スーダンの1か所です。
安全保障関連法案では、自衛隊のPKOについて、ともに活動する部隊や民間人が離れた場所で襲われた場合、その場に駆けつけ、武器を使って助け出す、いわゆる「駆け付け警護」や、住民の安全確保のための巡回や検問といった任務の拡大と、これに伴う武器使用基準の緩和が盛り込まれています。
安全保障関連法案について、派遣部隊の山下博二隊長は、「審議が続いているなか、私の立場で法案について発言することはできない。ただ、任務がいかなる方向に変化しても、しっかりとした部隊や装備、そして準備期間があれば、最善を尽くせると思う」と述べました。

投稿: 小浜健児 | 2015年8月 2日 (日) 21時44分

全く同感です。NHKニュースは民放でのニュースは扱わないですが、日曜討論はよく扱います。しかし、ここ最近は、発言内容を報道しないような気がします。また、昨日は学者・研究者の集会は報道しましたが、国会前の数万人の声は無視です。また、NHK(沖縄)はかつての基地跡の文化財調査について公開を求める報道をしたが、全国放送にはならない。沖縄の声はいつも無視される。

投稿: 小浜健児 | 2015年7月22日 (水) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK政治部記者に問いたい ~あなた方は安倍政権のスポークスマンに成り下がったのか?~ | トップページ | 山口代表、北側副代表は集団的自衛権に「反対」と回答していた!~二枚舌の公明党に鉄槌を~ »