« NHKの作為・不作為の偏向報道を見透かすことが急務 | トップページ | 8.25 NHK包囲行動を決定 ~政権べったりのNHKに怒りの声を! »

山口代表、北側副代表は集団的自衛権に「反対」と回答していた!~二枚舌の公明党に鉄槌を~

2015728日

公明党議員全員が「解釈変更で容認すべきでない」と回答
 
2013年の参院選で~
 
 今朝の『毎日新聞』の社会面に次のような記事が掲載されている。

安保法案:公明離れの学会員次々…自民と協調に『失望』」  http://mainichi.jp/select/news/20150728k0000m040078000c.html?fm=mnm

 記事の中には、安保関連法案で自民党と足並みをそろえる公明党の足元で、そうした公明党の姿勢に地方議員や創価学会員の反発・離反が広がり、に「バイバイ公明党」などとプリントしたプラカードを掲げて法案に反対するデモ行進に参加する学会員がいたことが紹介されている。
 また、記事の下段には2013年の参院選で当選した公明党議員11人全員が、当時、毎日新聞が行った候補者アンケートにあった「集団的自衛権の行使容認のために憲法解釈を見直すべきか」という問い対し、「見直すべきではない」と回答していたことも明らかにしている。

山口代表は
 
 例えば、山口那津男代表は次のように回答していた。

「選挙毎日 20137月参議院選 候補者アンケート」
山口那津男(東京選挙区)
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B13000006001
 

4:集団的自衛権を行使できるよう、憲法解釈を見直すべきだと考えますか。
回答:2. 見直すべきではない

2013_4

北側副代表は
 また、公明党を代表して安保関連法案の与党協議に参画した北側一雄・党副代表は昨年12月の衆院選にあたって毎日新聞が行った候補者アンケートに次のように回答していた。

「選挙毎日 201412月衆院選 候補者アンケート
北側一雄(大阪16区 公明党)
http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A27016001001&st=tk
 

2:政府は集団的自衛権を行使できるようにするため憲法解釈を変更しました。
   集団的自衛権の行使に賛成ですか、反対ですか。
回答:2. 反対

2014_2

 さらに、北側氏は『公明新聞』(2014426日)に掲載されたインタビューの中で、砂川事件・最高裁判決を合憲性の根拠づけに用いる考え方を真っ向から否定する次のような発言をしている。

「集団的自衛権 北側一雄副代表に聞く」(公明新聞:2014426日)
https://www.komei.or.jp/news/detail/20140426_13831 
(抜粋)
 「最近、1959年の砂川事件の最高裁判決を根拠に、『必要最小限度の範囲内であれば集団的自衛権の行使も可能』との主張があります。しかし、この判決は『自衛隊や米軍駐留が憲法違反ではないか』が問われた時代の判決で、集団的自衛権の行使を根拠づける内容の判決ではありません。」

Photo_2

 このような北側氏の発言は砂川事件・最高裁判決の一節を集団的自衛権行使容認の合憲性を裏付ける証拠として繰り返し援用している安倍首相、高村副総裁らの発言と真っ向から対立している。しかし、そうした安倍、高村両氏の発言に北側氏は黙して語らず、である。

ブレーキ役どころかアクセル役
 
 それもそのはず、『西日本新聞』(2014620日)に次のような記事がある(以下、抜粋)。

「自衛権行使「新3要件」公明原案 自民案装い、落としどころ
 解釈改憲の核心は、自民党高村正彦総裁が提案した自衛権行使の『新3要件案』だ。特に「他国に対する武力攻撃が発生し、これにより国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される恐れがある」という集団的自衛権行使に絡む文言をめぐり、自公間で調整が続く。
 だが、実はその原案は、公明党北側一雄副代表が内閣法制局に作らせ、高村氏に渡したものだった。解釈改憲に反対する公明党が、事実上、新3要件案の「下書き」を用意したのだ。

 『私が考える新3要件というものの、たたき台を作ってみました』
 13日の安全保障法制整備に関する第6回与党協議会で高村氏が突如A4サイズの紙を配った。『集団的自衛権の行使はできない』と結論付けた1972年の政府見解の一部を引用し、行使を認める逆の結論を導き出す私案だった。『この紙を見たのは初めてだ』。協議会後に北側氏は明言した。だが、事実は違う。
 政府関係者によると、その数日前に公明党執行部がひそかに集合。解釈改憲で対立する首相と山口氏の『落としどころ』を探るためだった。連立維持を優先させ、解釈改憲を受け入れる政治決断の場でもあった。
 山口氏が『憲法解釈の一番のベースになっている』と尊重してきた72年見解を援用する形で、限定容認と読み取れる原案内閣法制局に作成させる。北側氏がそれを指示していた。」

表と裏で真逆 ~こんな2枚舌を学会員は許すのか?~
 一見して明らかなように、解釈改憲による集団的自衛権の行使容認に関する北側氏の対応は表と裏で真逆である。表向きは「反対」、裏では自民党との密室協議で「推進」。
 こんな公明党幹部の二枚舌を創価学会員は認めるのか? 今、一人一人の学会員の良心が問われている。

|

« NHKの作為・不作為の偏向報道を見透かすことが急務 | トップページ | 8.25 NHK包囲行動を決定 ~政権べったりのNHKに怒りの声を! »

「政治」カテゴリの記事

コメント

現在の安部政権の下での戦争法案をめぐる日本社会の動向ですがねぇ、、、後世から振り返ると、2015年夏が日本政治の「革命的転換点」になるのか、それともアナクロ喜劇の一幕で終わるのかはまだ定かではありませんけどね、ほぼ確実だと思えることは、スターリン主義の残滓を抱え続けている左翼陣営やニーメラー・オウム鳴きの危機論も、やはり「狼少年」ゴッコだったと総括されるだろうということですよ。

公明党についてもですね、カルト教の常道ですから、あれも「ポスト池田」で今後急速に求心力を失って行くはずなんですよね。
つまり、今後の日本社会では趣味半分利権半分の復古主義的補完体制も永くは続かないだろうから、「世界とアジアの現実」や「グローバル資本主義化の現実」を離れた反動的ロマンチシズムはしょせんアダ華に過ぎないということなんですね。
ま、国権的徴兵制と経済的徴兵制の区別や現実性さえ見ていない民主党的エセに引きずられるような善意もまだ多いこのシマグニですから、ペシミズムとオプティミズムの間で振動することも避けられないのでしょうが、、、、
日本人も、もう少しシッカリ眼を開けて世界や時代を見廻してみるべきではないでしょうか????

投稿: バッジ@ネオ・トロツキスト | 2015年7月31日 (金) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHKの作為・不作為の偏向報道を見透かすことが急務 | トップページ | 8.25 NHK包囲行動を決定 ~政権べったりのNHKに怒りの声を! »