« 安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れへの賛同のお願い | トップページ | それでも「採決」はなかった~NHKの実況中継で再現すると~ »

9.25安保法案採決不存在申し入れ行動のレポート

2015926

 遅くなりましたが、920日から始めた「安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」に賛同の署名をいただいた皆様、署名の呼びかけにご協力をいただいた皆様に、このブログを借りて、運動のご報告をいたします。  

署名の集約状況
 
 昨日、10時の時点での署名合計は次のとおりです。

 ネット署名          31,159
  ネット署名以外(用紙など)    942
    合 計         32,101

 山崎事務所との面会の経過
 
 昨日13時過ぎに呼びかけ人である澤藤統一郎弁護士と醍醐、署名簿の整理に5日間、昼夜を分かたず協力をしていただいたHさんの3人で、申し入れ文書と署名簿を携えて、参議院議員会館内の両議員の事務所を訪ねた。なお、これには東京新聞の記者とカメラマンが取材のため同行した。

 どちらも事前に電話で連絡の上で、申し入れと署名簿提出の用件を書面で伝え、面会の要望を伝えていた。ともに事務所として応対するとの了解を得て出向いたが、議員本人はともに不在で秘書の対応となった。

「山崎正昭議長宛て申し入れ書」(提出版)
 http://sdaigo.cocolog-nifty.com/yamazaki_gicho_ate_moosiire.pdf
 
 最初に訪ねた山崎議員事務所では応接室にとおされ、申し入れの趣旨を伝えた上で、署名簿を手渡し、至急(今日のうちに)議員ご本人に届けてほしいと要請。秘書氏は分かりました。届けます」との応答。常識的なやりとりで終わった。

その場での署名簿の受け取りを拒んだ鴻池事務所
「鴻池祥肇委員長宛て申し入れ書」(提出版)
 http://sdaigo.cocolog-nifty.com/kounoikeiinncho_ate_mosiire.pdf

 
 しかし、次に訪ねた鴻池事務所の対応は様変わりだった。部屋から出てきた秘書の
鎌田亘顕(ひろあき)氏は廊下の一角にある応接エリアに私たちを誘導。以下のようなやりとりになった。

 秘書:「申し入れ書は受け取らせていただく。しかし、署名簿は申し入れ書の内容を議員本人に届け、確かめた上で判断したいので、ここでは受け取るのを控えます。」

 醍醐:「署名というのは申し入れに賛同という意味だから、申し入れ書と署名簿は一体のもの。一方は受け取るが、もう一方は受け取らない、というのは意味不明。」
 
 秘書;「署名は重い意味を持つから、受け取りは慎重にしたいということです。」

 醍醐:「重い意味を持つというのはその通り。だったら受け取るのが常識だ。前段の言葉と後段の言葉がねじれている

 秘書:「まだ議員本人は申し入れの内容を読んでいない。読んだ上にしたいということ。」

 澤藤:「われわれは、憲法16条が保障する国民の公務員への請願権の行使として、申入書を持参している。」「国会議員が国民の声に真摯に耳を傾けるべきは当然の義務ではないか。」「耳に快い意見だけでなく、痛い意見にも聞く耳を持たねばならないだろう。」「あなたは、鴻池議員から国民からの意見はブロックしろと命じられているのか。」「私は、思想はともかく人間味のある人として、鴻池議員には多少の親近感を持っていたが、こんな応対をされたのでは考えが変わる。」「鴻池さんを国民の声を聞く姿勢のない議員として、署名者や協力者に説明をしなければならない。それでもよいのか?」

 秘書:「いまは議員本人が不在なので署名を受けとる判断は私にはできない」「鴻池事務所としての対応です。」

 澤藤:「議員は来年が改選期になってはいないようだが、その3年後には落選運動のターゲットにもすることになる。」

 秘書:「どう思われても、なんと言われてもけっこうです。」

 醍醐:「通の社会における言葉や論理が通じない言うことですね。民意に聞く耳を持たない今の自民党の体質がよく表れている。」

 澤藤:「たいへん不愉快な体験をさせていただいた。鴻池議員については、国民の声を聞こうとしない議員であると、これからは公言することになる。」「今日はたいへん不愉快な体験をさせていただいた。鴻池議員については、国民の声を聞こうとしない議員であると、これからは公言することになる。」

 約15分ほど、以上のようなやりとりをし、「これが、受けとっていただくために持参した32101筆の署名簿の綴りだ。ご確認いただきたい」と示し、署名簿受け取りに関する返答を週明けの月~火曜日中にもらうことにして、開会時刻が迫った衆議院第2議員会館へ向かった。

記者会見の模様
 
 午後2時から衆議院第2議員会館内の会議室で記者会見を開いた。呼びかけ人からは、
生方 卓(明治大学准教授)、小中陽太郎(作家・ジャーナリスト)、澤藤統一郎、 清水雅彦(日本体育大学教授)、藤田高景(村山首相談話を継承し発展させる会・理事長)と醍醐の計6名が出席した。
 報道関係からの出席は、朝日新聞、東京新聞、共同通信、神奈川新聞、しんぶん赤旗、田中龍作ジャーナル、IWJの記者、計12名だった。
 また、弁護士有志からも武井由紀子、山中眞人のお二人が出席され、報道関係者に「本年919日の参議院『本会議』での安保関連法案の議決の無効確認および審議の再開を求める弁護士有志声明」について説明がされた。

6
Cimg0309
今朝の報道の状況
 
 私が把握できたかぎりであるが、次の各記事等で、上記の申し入れ、記者会見の模様が報道された。
 

 広がる署名32000筆 安保法議決「認められない」
(『東京新聞』2015926日朝刊、1面)
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015092602000139.html

 なお、26日の『東京新聞』朝刊は30面でも、「『安保法案議決無効』署名呼び掛け」
「国民の怒り無駄にしない」という記事が掲載された。この見出しは私の今の気持ちとぴったりだ。 

「議決無効」32000筆超 安保法で署名、参院側に申し入れ
(『中日新聞』2015926日、1面)
 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015092602000101.html
 

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に
2015/09/25 18:13『共同通信』)
 http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015092501001596.html

戦争法採決は「不存在」 学者ら申し入れで会見 署名3万超に
(『しんぶん赤旗』2015926日)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-09-26/2015092614_02_1.html

共同ニュース(録画)
 https://www.youtube.com/watch?v=jUqyOVqOSCY&feature=youtu.be

IWJ
(録画)
 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/266904


 このほか、26日の『神戸新聞』朝刊でも、「混乱の中、採決無効 学者ら参院議長らに申し入れ」と題する記事が掲載された。

 また
、今夜、横浜にお住いの呼びかけ人の方から、今朝(926日)の『神奈川新聞』に大きな記事が出ているという連絡をもらった。確かめたところ、<論説・特報>欄に「安保法案 手続きめぐり異議」「どさくさ採決 二重の罪」という見出しで、確かに広いスペースを使って、今回の「安保法案の採決不存在」を訴えた行動を詳しく伝えた記事が掲載されていることがわかった。ネット上に載っていないため、ここでURLを使って紹介できないのが残念だが、『神奈川新聞』を閲覧できる方はご覧いただけるとありがたい。

|

« 安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れへの賛同のお願い | トップページ | それでも「採決」はなかった~NHKの実況中継で再現すると~ »

「政治」カテゴリの記事

コメント

醍醐様

お疲れ様でした。
署名した者です。
悔しいですね。
でも、絶対に諦めません。
3年後は鴻池氏の落選運動です。

投稿: | 2015年9月29日 (火) 00時29分

皆さまへ

高橋洋一氏が「俗説を撃つ!」として、
米国との集団的自衛権が、抑止力に
繋がるとの理論を展開なさっています。

『集団的自衛権の行使容認が日本を平 和にする根拠』
http://diamond.jp/articles/-/78832

元官僚のお言葉だけあり、なかなか骨があられますが、
私としては、核の抑止力理論に似ているので、
破たんしていると見ます。

米国も、ロシアも持ちすぎて大幅に破棄なさっています。

北朝鮮は、核もつことで、共産党員と軍人しか食料を得られない体制を
作っておられます。核による抑止力、必要でしょうか?

地球を何百回と滅ぼしてもまだあまりある核が必要?

核や集団的自衛権による米軍の圧倒的軍事力は、
米軍の世界展開を後押しし、世界中にベトナム戦争や
アフガニスタン紛争のような泥沼の長期的
戦闘活動を招く結果になりませんか?

それは、米国にも、同盟国にも、そして、
もちろん、被戦闘国にも不幸をもたらすように想います。
皆さまはどう思われますか?

抑止力理論、必要でしょうか?

日米安全保障条約には、明示しての集団的自衛権の記述は
ありません。

国連のPKOに経済的自衛権(経済的厭戦権) をもって臨めば、
決して、米国との集団的自衛権は必要ない。

そこに日本の人員不足の自衛隊の国境警備という活路があるからです。
これなら、右派の「自主憲法」派も納得して頂けるでしょう。
いかがですか?

宮崎知子(民主党員)

投稿: 宮崎知子 | 2015年9月27日 (日) 16時29分

2015/09/26

皆さまへ

日々の活動、お疲れ様です。
シルバーウィーク、久々にのんびりなさいましたか?

日中戦争、満州国に翻弄され、
日本人であることを隠して生きた
「李香蘭」のミュージカルが始まります。
http://www.rikoran2015.com/

浅利慶太氏からのメッセージはこちらから。
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2015_0919.html

日本人名:山口淑子氏のWIKIページはこちらから。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E6%B7%91%E5%AD%90

アクセスの兼ね合いでミュージカルに行けな方、原作本も出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%9D%8E%E9%A6%99%E8%98%AD%E3%80%8D%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%A6-%E7%A7%81%E3%81%AE%E5%B1%A5%E6%AD%B4%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E6%B7%91%E5%AD%90/dp/4532164923

「李香蘭」氏の悲劇を見るまでもなく、戦争は、市民に、いえ、要人にさえ、大変な困難を強います。

日本は、経済的厭戦権(経済的防衛権)で、世界戦争を防ごう!

戦争反対!九条護れ!

宮崎知子

投稿: 宮崎知子 | 2015年9月27日 (日) 16時24分

神奈川新聞の記事、見出し+紙名で見つかりました。
シリーズ「時代の正体」第197回です。
全文閲覧は有料ですが、紹介しておきます。
http://www.kanaloco.jp/article/123906

投稿: AS | 2015年9月27日 (日) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安保法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れへの賛同のお願い | トップページ | それでも「採決」はなかった~NHKの実況中継で再現すると~ »