« 宮城県の民共政策協定を全国へ | トップページ | お知らせ 『季論21』フォーラム~電波はだれのものか~ »

TPPは地域を壊し、地産地消を脅かす。批准は許されない

2016331 

 昨日(330日)、「TPPを批准させない3. 30 国会行動」が行われた。主催は「TPP批准阻止アクション実行委員会」。私も呼びかけ人に名前を連ねた「TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会」は賛同団体に加わり、私は個人としてこの日の行動の呼びかけ人に加わった。行動は3部制で行われた。
 第1部(1430分~1630分):衆議院第2議員会館前での座り込
                                                  み行動
 第2部(1700分~1830分):決起集会(憲政記念館ホール)
 第3部(1900分~2000分):国会請願キャンドルデモ

 私は都合により、第3部の行動には参加できなかったが、第2部で、呼びかけ人の1人として、植草一秀さん、内田聖子さんとともに、短いスピーチをした。事前に司会者から5分でという指示を受けていたので、散漫なスピーチにならないよう、今の時点でぜひ話したいと思うことを持ち時間の中で話せるよう、用意した原稿を読み上げる形にした。もう少し、その場の話し言葉で発言した方が親しみを持っていただけたのではと、後で反省したが、とにもかくも限られた時間で言いたいことは言えたかなと思っている。
 以下、読み上げ原稿を転載しておきたい。
 なお、第2部の集会の模様はIWJの記録録画が次のように、ネットにアップされている。

  TPPを批准させない3.30集会 in 憲政記念館ホール IWJ 録画
 
 http://www.ustream.tv/recorded/85065028
  (右サイドバーの「2016/03/30 16:50」)

UPLANの録画もyoutubeにアップされている。
    https://www.youtube.com/watch?v=6VKR7kXNJxk
  (私のスピーチは7:251300

 11
40秒~ 呼びかけ人あいさつ 原中勝征(前日本医師会会長)
 16
40秒~3900秒 呼びかけ人スピーチ
               醍醐 聰、植草一秀、内田聖子
3950秒~1時間1100秒 各党代表あいさつ
               民進党、無所属、日本共産党、社民
               党、生活の党
1時間1500秒~ 制服向上委員会 スピーチ&うた
1時間2100秒~ 各界参加者決意表明

 -------------------------------------------------------------------

    3.30憲政記念館集会スピーチ 読み上げ原稿

                          醍醐 聰

 皆さん、こんにちは。安倍首相は3月3日の参議院予算委員会で、TPP交渉において日本は勝利した、と誇らしげに発言しました。どうしてでしょう? ほとんどの国が98%の農産品の関税を撤廃したのに対し、日本は82%にとどめたからだ言うのです。しかし、これは、安倍首相の過剰な自己愛に災いされた実績詐称のホラフキです。
 日本が関税を撤廃した82%の品目の中には、政府がTPP交渉に参加する時に「聖域」とした170の重要品目が含まれています。交渉からの脱退も辞さず守るよう、国会でも決議された「聖域」のうちの29%の農産品の関税を政府投げ売りしたのです。

 さらに、「日本農業新聞」の調査によると、関税を守ったと政府が言う農産品の細目のうちの20は既に関税がゼロになっていたもので、これ以上、下げようのないものでした。こんなデタラメな説明を国会で通用させてはだめです。

 TPP協定文書には私たち市民にとっても日本の国家主権にとっても毒素が随所にちりばめられています。ここでは、地域経済をこわすという毒素について考えてみたいと思います。
 今、日本の各地で「地産地消」の取り組みが続けられています。直売所での地元産品の販売、地元農林水産物を活用した加工品の開発、学校給食での地元農林水産物の利用などを通じて、生産者と消費者が「顔の見える繋がり」をつくり、地域の活性化、流通コストの削減を図ろうという取り組みです。
 農水省は学校給食における地場産物の利用割合を2015年までに30%以上にするという目標を掲げて地産地消を奨励してきました。

 ところが、TPP協定文書の投資の章を見ると、自国の領域において生産された物品を優先的に購入するような措置は許されないと定めています。となりますと、外国産品も出回っている中で、学校給食などで地元産品の利用を奨励することは、内外無差別の原則に反するとして海外食品企業から、ISDS条項を使った訴訟を起こされる恐れが出てきます。政府調達の章でも、入札にあたって現地調達を行ってはならないとされています。
 こうしたルールは既に日本も加盟しているWTO政府調達協定で定められた水準と同等であり、新たな懸念には及ばないと政府は説明しています。

 しかし、2012年に発効した韓米FTAには内外無差別原則は盛り込まれていませんでしたが、韓国政府は、この協定に入れられたISDS条項で米国企業から訴訟をおこされることを恐れて地方自治体に地産地消の条例を止めるよう指示しました。その結果、約9割の自治体が「地産地消」の条例を変更し、米国産品も選べるような表現に直しました。
 さらにTPP協定では3年以内に、国際入札を義務付ける対象範囲、基準額を再交渉すると謳っています。
 地域主権、地域経済を脅かし、地産地消の流れに逆行する危険な船に乗ることはぜったいに阻止しなければなりません。

 皆さん、たとえ、お腹にパンチをくらおうと(注)、私たちには道理と大義があります。今の国会でTPP協定の批准を阻止し、さらにアメリカ、カナダ、日本が足並みをそろえれば、TPP協定を永久に葬り去ることができます。ともに頑張りましょう。

 (注)「たとえ、お腹にパンチをくらおうと」という台詞は唐突に
    思われたかもしれないが、次のような報道を念頭に入れて
    使った言葉である。

 「自民・山田俊男氏、農協関係者に暴力 党幹部が公表」
 
(朝日デジタル 20163252132分)
 http://www.asahi.com/articles/ASJ3T652DJ3TUTFK01S.html
 
 「自民党の山田俊男参院議員(比例区)が18日の党会合に出席した際、農協関係者に対して暴力を振るっていたことが25日、明らかになった。伊達忠一党参院幹事長が同日の記者会見で、「本人に話を聞いた。事実関係を認めていた」と説明した。
 山田氏は、食品の原料原産地表示をテーマにした会合の終了後、出席者の農協関係者と口論になり、腹部を素手で殴ったという。伊達氏によると、山田氏は党参院執行部による事情聴取に対して「親しい間柄で、暴力の認識はなかった。迷惑をかけ、申し訳なかった」と謝罪したという。
 山田氏は農協の組織内候補として2007年参議院で初当選し、2期目。」

35_3 TPP影響試算の一環として訪問したJA北海道中央会で
 (2013年5月14日 醍醐聰撮影)

35_4 同上。帯広市での調査を終えて出かけた帯広市内緑ヵ丘公園内の中
 城ふみ子の歌碑(2013年5月16日 醍醐聰撮影)

  母を軸に子の駆けめぐる原の晝 木の芽は近き林より匂ふ    





|

« 宮城県の民共政策協定を全国へ | トップページ | お知らせ 『季論21』フォーラム~電波はだれのものか~ »

「政治」カテゴリの記事

コメント

「一般的には、今日では保護貿易主義は保守的である。これにたいして自由貿易制度は破壊的である。それは古い民族性を解消し、ブルジョアジーとプロレタリアートのあいだの敵対関係を極限にまでおしすすめる。一言でいえば、通商の自由の制度は社会革命を促進する。この革命的な意義においてのみ、諸君、私は自由貿易に賛成するのである。」というマルクスの言説ほどバカな極左が妄信し卑劣な右翼によって悪用される教条はない。

ここには、恐慌革命論をまだ清算出来ていなかった当時のマルクスの歴史的制約が、社会革命の進展スピードの過大評価と相まって顔を覗かせているだけなのに、極左教条主義者や新自由主義の奴隷どもには不可逆的な地球環境破壊の原因となる今日的な生産力疎外水準などを直視・考察する姿勢も無いということである。
似たようなことは「核の冬」を招きかねない核抑止論などの核政策に対する態度でもかつて「左」右に現れたのである。

現代資本主義の下で異常なまでに昂進している生産力の疎外は、平和の問題であれ環境問題であれ、決して軽視出来ない。

不破哲三氏なども「マルクスにおける恐慌革命論の清算」などと学者ぶった理論史研究に逃げ込んでいるだけでなく、それが現代の政策問題にどう関連し具現化されるべきことなのかをもっと真面目に考える学問的良心をもつべきであろう。

投稿: バッジ@ネオ・トロツキスト | 2016年4月 7日 (木) 10時14分

共産党や左派がTPPに反対するのって、結論自体は当方も今日的に正解なのだと思いますが、昔マルクスやエンゲルスが自由貿易を社会変革促進の観点から(のみ)賛成していた歴史的・政策的事実とどう整合させるかを無視・等閑視したままでは「左翼」や「共産党」として問題を残すんですよね。『マル・エン全集』第4巻などでは保護貿易(=反動)にも自由貿易(=破壊)に対しても彼らの見解が残されていますからね。彼らの「結論」と「根拠」の妥当性や歴史的制約を今日的見直すことが求められています。
恐慌革命論が清算されていなかった当時のマルクスの制約を今日的状況にも照らして理論的に解明しないと、右翼保護主義との違いが鮮明化されません。
私見は別の機会に譲りますが、ことほど左様に左翼の理論的な権威や失墜したままだと、「先進国革命」路線など単なるお題目に終わってしまいます。
「守る」や「反対」で留まっていた20世紀以降の左翼陣営って、理論的に怠惰な「左」の現状追従主義であり、ポピュリズムとも大差なかったようですよ。

投稿: バッジ@ネオ・トロツキスト | 2016年4月 1日 (金) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮城県の民共政策協定を全国へ | トップページ | お知らせ 『季論21』フォーラム~電波はだれのものか~ »