« おいしい生ゆばパンを食べて石巻のパン工房の復興を応援しよう | トップページ | 公開討論「テレビ報道と放送法――何が争点なのか」開催のお知らせ »

「謝罪を求めない被爆者」の舞台裏

2016531

「歴史的和解」の政治ショー
 527日夕刻、広島平和公園で演説を終えたオバマ米大統領が目の前で演説を聴いた日本原水爆被害者団体協議会(以下、「日本被団協」と略す)代表委員の坪井直さんと笑みを浮かべながら握手を交わし、同じく感極まって涙ぐむ被爆者の森重昭さんを抱きしめる姿がテレビ、新聞に大きく掲載された。原爆投下をめぐる歴史的和解を演出するのにふさわしい映像となった。
 また、原爆投下への謝罪はしないという条件でオバマ大統領が広島を訪問することが決まって以降も、「謝罪を巡り揺れる被爆者」(『朝日新聞』2016513日)といった記事が見られた。しかし、それから10日後には「『謝罪求めない』78% 被爆者115人アンケート 米大統領訪問優先の傾向」(共同通信調査、『東京新聞』2016523日)という記事が大きく掲載され、<被爆者の多数は謝罪を求めていない>が定説になった感があった。

 ところが、528日、ネットでこの問題に関する情報を検索しているうちに、日本被団協事務局次長の藤森俊希さんが519日に日本外国特派員協会で行った記者会見で気になる発言をしていたことを知った。 ネットでその記者会見の全容を記録した録画を探したら、すぐに見つかった。プレゼンテ-ターは日本被団協事務局長の田中煕巳さんと藤森さんの2人。
https://www.youtube.com/watch?v=abdpDmLXRbU&feature=youtu.be&t=29m3s

舞台裏を語った日本被団協事務局次長・藤森俊希さん
 私が注目した箇所はいくつかあったが、この記事のタイトルに関わる藤森さんの発言録を摘記しておく。( )内の数字は各発言の開始時刻。

 (1520~)「藤森 私たち被爆者が〔518日にまとめた要望書で〕最初にアメリカに対して掲げているのは、あの原爆投下は人道に反し、国際法に反したものだと大統領が確認するということです。その非人道的で国際法に違反する原爆投下について謝罪することを以て、その違法性、非人道性を確認することを私たちは要求しています。」

 (2903~)「藤森 この間、私は、ここにいらっしゃる方ではありませんけれども、メディアの方からたくさん取材を受けました。そのほとんどの人がなんとか私の言葉からオバマ大統領への謝罪を求めないという言葉を引き出そうとしておりました。要するに、オバマ大統領がサミットのあと、広島へ来られるように雰囲気として謝罪しないというムードを盛り立てようという力が働いたのだと思います。その力がどこから働いたかはちょっと控えておきますでも、多くの被爆者は謝罪しなくていいとは思っておりません。」

 このような藤森さんの発言と、528日、夕刻のTBS「報道特集」が「歴史的瞬間!大統領の演説に被爆者は・・・」と題して放送した番組のなかで中国放送の小林秀康キャスターが発言した次の言葉と重ね合わせて、いまさらながら「空気による世論形成」の薄気味悪さを痛感した。

議論を封じ込めた「空気」
 「小林康秀 ・・・・オバマ大統領の訪問を多くの被爆者、広島市民が好意的に受け止めています。しかし、訪問が取りざたされてから気になっていたのは、大統領が来ると言う事実ばかりが重視されてしまいまして、アメリカに謝罪を求める声であるとか、原爆投下の是非を議論するといったような声を発しにくい空気があると感じたんですね。少なからず、そう思っている被爆者や広島市民はいます。
 それは過去のあやまちを認めなければ、未来も同じことを繰り返してしまうのではないかという思いからなんですけれども。だからこそ、オバマ大統領が来たということだけで浮かれてはいけないと思うんです。彼が今後、どういう行動を取っていくのか、それを冷静に見て行かなくてはいけないと思います。」

 空気によって作られる世論・・・・・わが国の民意の質を考える時、避けて通れない重いテーマである。
 今回のオバマ大統領の広島訪問について、私は書きたいことが山積しているが、すぐにとはいかない。そこで、これだけはと思うことを書いておく。

生を絶たれた被爆者の意思を誰が代弁するのか
 それにしても、広島の被爆者に向かってオバマ大統領に謝罪を求めるかと問いかけること自体、愚問である。藤森さんも発言したとおり、被爆者が謝罪を求めるか否か以前に、原爆投下による民間人の殺傷は国際法に反する反人道的違法行為である。それは真珠湾奇襲で日本軍が多数の米国人を殺害した事実と相殺できるはずがない。
 そうした原爆投下で一瞬に生を断ち切られた人々、さらに言えば、戦争末期に日本各地で行われた米軍による無差別空襲で命を絶たれた多くの人々の意思を誰が代弁できるのか? 彼らの無念を置き去りにして「被爆者の8割は謝罪を求めていない」などと報道する無神経さを指摘する人間が見当たらないことこそ異常である。

モルモットにされに行くなとABCCの被爆調書をやぶりて捨つる
                     (今元春江/文選工)

広島の乙女の顔のケロイドはアメリカのなせし烙印にして
                    (河内 格/獣医師)

原爆乙女の顔面整形を援助すとスターらサインす花やかに悲し
                    (竹内多一/無職)

声涼しくアリランの唄歌ひたる朝鮮乙女間もなく死にたり
                    (神田満寿/無職)

濠内に妻を呼びつつ息絶ゆる鮮人の声しみて忘れず
                    (名柄敏子/酒類商)

「許させ」と掌を合わせつつ救い呼ばふ人を見過ごし夫護りてゆく
                    (原田君枝/主婦)


親呼びて叫びたらむか口開けしまま黒焦げし幼児の顔
                    (中 浄人/教員)

生きの身を火にて焼かれし幾万の恨み広島の天にさまよふ
                    (小森正美/商業)

原爆の責任裁判あって良し戦勝国の罪無しとは人道にあらず
                    (小森正美/商業)

(以上、『歌集 広島』1954年刊所収。ここでは家永三郎・小田切秀雄・黒古一夫編集『日本の原爆記録』17、『原爆歌集・句集 広島編』(栗原貞子・吉波曽死/新編、1991年、日本図書センター所収による)



|

« おいしい生ゆばパンを食べて石巻のパン工房の復興を応援しよう | トップページ | 公開討論「テレビ報道と放送法――何が争点なのか」開催のお知らせ »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

 先生。 この間、ずっと思いながら、明確に意識出来ずに居ましたが、御論稿で、鮮明になりました。

 それが、「わが国の民意の質を考える時」には、「空気によって作られる世論」を考察しなければならない、と言う事実なのですね。

 何か、もどかしく思えておりました。 そして、何故、沈黙したまま、オバマ大統領に抱擁されるのか、と。 また、大統領が献花されたのは、何の意味があるのか、と。

 加えて、長崎は、どうなるのか、と。 私が住む大阪で、敗戦一日前に、B29に依る空襲で焼け死んだ市民の無念はどうなるのか、と。

 空しいです。
 

投稿: とら猫イーチ | 2016年6月10日 (金) 20時06分

小浜健児様
 コメントありがとうございます。日本政府の核政策を問うことなしにオバマ大統領の広島訪問を「米国の歴代政権で初めて」と手放しに評価するメディアを批判されていることに同感です。
 ただし、日本の論壇や革新政党の中でも、日本政府・安倍政権の核政策を批判するだけで、広島でのオバマ演説を「核なき世界への第一歩」と評価できるのかについて、演説の内容に即した検証がほとんどなされていないのは大いに問題と感じています。全国紙の投書欄に、謝罪を求めなかった「被爆者の寛容さを誇りに思う」(「朝日新聞」2016年5月29日)といった意見が掲載されるのを見かけると、ますますその感を強くします。
 そのような「空気」が広がる中で、「毎日新聞」6月3日に掲載された「謝罪なきヒロシマ献花」(伊藤智永・編集委員稿)が、「謝罪を求めないことが、今回の『成功』の決め手とされる。それが成熟した品格ある慎みで、謝罪を求めるのは、かたくなな人たちと言わんばかりの空気である」と記したのに共感を覚えました。
しかし、それに続けて、「マナーかエチケットの一種のような許しや和解へもたれかかりそうになる体勢をこらえ、原初の悲しみに踏みとどまり、無言のままそこから一歩も出まいと意志するのも、また勇気である。そうした時、人は慰霊に鎮静する」と記しているのを黙過できませんでした。この一文に続け、伊藤氏は、自ら被爆者であることを明かさず、被爆者手帳も申請しなかなかった丸山真男を引き合いに出して、「オバマ氏の献花は、その慎みを考えさせた」と結んでいます。この後段、末尾の記述は前段の議論とどうつながるのでしょうか?
 私には、全国紙の編集委員の「バランス感覚」というより、伊藤氏自身は、自分が警鐘を鳴らした「空気」の「外」にいるのか、注意深く一線を画しつつ、自から「慎み深さ」を美徳とする「空気」を醸成する役回りをしているのではないかと思え、情緒、心情が理性を脇へ追いやりがちな日本社会の通弊の根深さを感じさせられました。

 (付記)コメント欄にはこのブログに掲載した記事に対する感想、ご意見を記していただくようお願いします。ご自身のお考えは、独自のHPなりブログなりで存分に発信していただくのがよいのではないかと思います。よろしくお願いします。

投稿: 醍醐 | 2016年6月 5日 (日) 11時51分

日本政府の核兵器政策を問いたい。
1 安倍政権は、核兵器の悲惨さ(安倍政権がいう「非人道性」)をどの程度理解しているのか。(原爆後の人々の様子を展示したものを撤去せよといっている)
2 安倍政権は、核兵器の悲惨さに苦しんだ、苦しんでいる人々にどのように向き合ったか、寄り添ったか。(集団的自衛権の行使について、抗議した被爆者に「見解の相違ですね」発言。)
3 安倍政権は、核兵器使用禁止のために何をしたか。(核兵器使用禁止条約制定に棄権している)
少なくとも、この3点を問わずに、安倍政権の「成果」だ、なんて、メディアの資格はない。

投稿: 小浜健児 | 2016年6月 4日 (土) 21時17分

日本特有の「慶事に免じて」云々というやつですね。

投稿: AS | 2016年5月31日 (火) 21時33分

貴重な記事を転載させてください。

投稿: 垣内つね子 | 2016年5月31日 (火) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おいしい生ゆばパンを食べて石巻のパン工房の復興を応援しよう | トップページ | 公開討論「テレビ報道と放送法――何が争点なのか」開催のお知らせ »