« 敗戦の日に想い起こす原爆の詩歌 | トップページ | 次期NHK会長選への賛同署名に添えられたメッセージより(3) »

次期NHK会長選への賛同署名に添えられたメッセージより (2)

2016817

 全国の19NHK視聴者団体は811日から連名で、「次期NHK会長選考にあたり、籾井現会長の再任に絶対反対し、推薦・公募制の採用を求める」署名運動を始めた。署名は用紙による集約とネット署名による集約を行っている。第一次集約は910日。

用紙による署名:署名用紙は次をダウンロ-ド
 
http://bit.ly/2aVfpfH 
ネット署名:署名の入力フォームは次をダウンロード 
 
https://goo.gl/forms/G43HP83SSgPIcFyO2  

ネット署名にはたくさんのメッセージが添えられている。そのすべてを、個人情報を伏せた上で、
 
https://goo.gl/GWGnYc 
に掲載している。直接、ご覧いただきたくのが一番であるが、前回の記事に続き、そのなかから、いくつかを紹介しておきたい。

 -------------------------------------------------------------

 「現会長のNHKという公共放送の意義をないがしろにした発言の数々はとても看過できず、国際的に日本のメディアリテラシーの低下を発信する結果となっています。NHKの現場の職員の中には『トップを自分で選べない』と嘆きながらまじめに仕事をしている方がたくさんいると信じています。
 強制的に視聴料金を徴収する以上、視聴者の意見も取り入れるべきです。民間企業なら株主が株主総会で社長の責任を問えるのと同じと考えます。」
  (813、東京都)

 「日曜討論での発言時間の割振りが政権与党に最大化されている事は民放各社のその手の番組と比較して大変おかしい。小政党こそ発言時間を多く割くべきだ。民主主義を多数原理だという事になれば過ちを犯す体がそんな事は大NHKの事わかってやっていると理解する。公共放送の看板は偽りと言ってもおかしくないほど劣化している。先の参議院選挙放送で各党首の闘いを家族の支援を含めて紹介していたが安倍氏の選挙戦紹介が一番長く放送されて安倍夫人、お母さんとの台所での団欒、朝の夫を送り出す母親と奥さん場面などは明らかに普通の家庭の頑張るサラリーマン風景を演出していたがここまでやるのかと怒りを越して虚しく思ったものだ。
 テレビは一方的に企画されて放送される。社会の公器とも言われるマスメディアの代表格であり公共放送の看板を唱えるのであればその立ち位置は常に国民の立ち位置からの放送であるべきだ。放送法の歴史評価にキチッと立ち返ってもらわなければホントに大変な事になってきている事を認識してほしい。情報開示がこの国は世界でも70番代に安倍政権になってから著しいく国際評価が下がった事に国民の1人として大変危機感を感じているものです。」
  (814、新潟県)

 「所帯を持って50余年、まじめに受信料を支払ってきましたが、籾井新会長の就任時の妄言発言以降、NHKの報道姿勢の偏向には目に余るものがあります。番組について質問しても、個別の番組についてはコメントできませんの一点張りで、満足がいく回答は得られたことがありません。視聴者として出来得る抗議は受信料支払いを止めることしかないと考え、以降受信料支払いを拒否し続けています。
 日本の報道自由度ランキングは遂に世界72位まで落ちてしまったそうで、NHK の報道姿勢の偏向もかなり影響しているものと思われます。NHKの報道姿勢がおかしいと思っていても、問題意識なく受信料の支払いを続けていることは、その報道姿勢を是認していることになり、これが結果として民主主義を貶めていることに視聴者1人ひとりが気づかなければならないと思う。」

814、神奈川県)

 「NHK職員の中の良質なジャーナリズム精神を信じたい。その精神を支援したいので、視聴者国民として協力の署名をする。」
  (815、高知県)

   「籾井氏は、日本国における『従軍慰安婦』問題について、『どこの国にもあった』などと発言しています。また『政府が右というものを左と言うわけにはいかない』、『特定秘密保護法は、通っちゃったものはしょうがない』、『政府の正式なスタンスがまだ見えない』、『(村山談話は)今のところはいい。将来はわからない』などと、およそ政治からも、いかなる権力からも不偏不党をうたうNHKの会長職にある者の発言としては信じられない発言をしています。
 『政府が右というものを左と言えない』のであれば、また『政府の正式なスタンス』をいちいち忖度するのであれば、それらはNHKが単なる政府のプロパガンダ放送局であることを、自ら認めたのではありませんか? そのような政府の宣伝放送局でいることは、放送法(主として放送法第四条二項)に違反する行為であると考えられます。
 放送法を、NHKが守っていることを証明もしないで、また放送法をNHKが守らなかった場合の対応について明示せず、視聴者側の『責任』のみを、ことさらに『片務契約』であるかのように言うのであれば、中立公正であるべきNHKの本来的義務からして、いささか詐欺的と言わざるを得ません。『まずいことは隠して相手からお金を取ろう』というのは、まるで『特殊詐欺』と、していることは同じになってしまうと考えます。」
  (816、神奈川県)

Photo           宜野湾市嘉数高地にある青丘之塔(1971年建立)
      韓民族386柱の御霊を慰霊する塔 2016年6月22日撮影

Photo_3    青丘之塔の脇にある碑文(2016年6月22日撮影)
   この塔にねむれる人は とつくにの えにしぞ深き 
         みたまなりけり
   (とつくに:異国、外の国の意)




|

« 敗戦の日に想い起こす原爆の詩歌 | トップページ | 次期NHK会長選への賛同署名に添えられたメッセージより(3) »

「NHK問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 敗戦の日に想い起こす原爆の詩歌 | トップページ | 次期NHK会長選への賛同署名に添えられたメッセージより(3) »