« 籠池氏に限らず、迫田英典氏、安倍昭恵氏も証人喚問を | トップページ | 「3.8mまで掘ったことは絶対ない」 業者、TBSでも断言 »

8億円値引きの根拠を覆す工事業者の重大証言

2017321日

工事業者「3.8mまで掘ったことはない」 

 今朝(321日)の『毎日新聞』の社会面に、「森友 ごみ撤去限定的~土地減額根拠『3.8m掘削せず』工事業者証言」という見出しの記事が掲載された。

8_2017321_2
 国が森友学園に小学校予定地として国有地を売却するさい、地中3.8mまで大量のごみがあるとし、さらに9.9mのくい打ちで出るごみも含めてゴミの総量を19500トンと見積もった。それを前提にして、ごみの撤去費用、国が負う将来の瑕疵担保責任を免除させる対価として約8億円を値引きして売り渡し価格を13400万円にした、と政府は説明してきた。
 しかし、上の記事によるとごみ撤去工事を請け負った複数の業者は、校舎の部分は1.5mほどしか掘っていない、グランドなど建物以外の部分は何も掘っていないと証言している。

3.8mまで掘る? そんな話どこにあったのか?」
 ~工事業者、実名で証言~

 さらに今日の午後のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」は上の『毎日新聞』の記事を取り上げた。番組ではごみ撤去工事を請け負った藤原工業の社長が登場し、地下3.8mまで掘っていないというのは「私のコメントです」、「そんな〔地下3.8mまで掘るという〕話、どこにあったんでしょうか」と語っている。

Q_8_m20170321_goody
20170321_goody

工事業者の参考人招致も不可決


 こうした工事業者の証言が事実なら、佐川理財局長、佐藤航空局長らのこれまでの国会答弁が根本から崩れ、森友学園への国有地の格安売却の説明がドミノ的に破綻することになる。
 とすれば、藤原工業の社長をまずは参考人として国会に招致し、報道されたような証言の真相を国会で確かめることが不可欠である。その際、参考人招致は藤原氏と佐川理財局長、佐藤航空局長の三者の同時出席を求め、クロスで質疑を行う方法が望ましい。


|

« 籠池氏に限らず、迫田英典氏、安倍昭恵氏も証人喚問を | トップページ | 「3.8mまで掘ったことは絶対ない」 業者、TBSでも断言 »

「政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 籠池氏に限らず、迫田英典氏、安倍昭恵氏も証人喚問を | トップページ | 「3.8mまで掘ったことは絶対ない」 業者、TBSでも断言 »