« 安倍昭恵氏らの証人喚問を求める署名運動、今日からスタート | トップページ | われはながく苦しまん、6月15日の警官として »

「森友・加計問題を考えるシンポジウム」開催のお知らせ

2017521

(追記)
 このシンポジウムの会場の収容人員は300人です。入場者が300人に達したら、受付を終えます。玄関ロビーでの入館証渡しは14時からですが、早めにお出かけください。


 517日から「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める署名」を呼びかけた各界の有志は、このたび、「森友問題の幕引きを許さない市民の会」を作り、次のようなシンポジウムを開くことになった。

      「森友・加計問題を考えるシンポジウム」

    日時:2017年6月13日、14時30分~
    (14時から玄関ロビーでスタッフが入館証渡し開始)
    会場:衆議院第一議員会館 大会議室(地下1)
   パネリスト
    小川敏夫(民進党参議院議員)
    宮本岳志(日本共産党衆議院議員)
    杉浦ひとみ(弁護士)
    青木 理(ジャーナリスト)
   コーディネーター
    醍醐 聰(東京大学名誉教授)

613


 シンポジウムの広報用チラシ
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/moritomo_kake_sinpo_chirasi20170613.pdf

「森友問題の幕引きを許さない市民の会」のHP
http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-7be4.html

会への問い合わせ
 E
メール:moritomosimn@yahoo.co.jp
 電話:070-4326-219910時~20時)

 安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める署名
 署名用紙のダウンロード:http://bit.ly/2qkwucT
 ネット署名のフォーム:http://bit.ly/2rdgyXe 
 ネット署名/メッセージの集約状況の閲覧サイト
            http://bit.ly/2r68HhH 



|

« 安倍昭恵氏らの証人喚問を求める署名運動、今日からスタート | トップページ | われはながく苦しまん、6月15日の警官として »

「政治」カテゴリの記事

コメント

B29に竹槍で立ち向かう非合理的自殺願望を褒めそやす現政権とその取り巻きの実相は、ただのお友達優遇に過ぎません。

単に首相の妻であるのみの安倍昭恵氏が、実は隠然たる存在で、各種行政部門へ通じる裏道の指南役であったのがことの実相と世間に暴露されたのです。

しかも税金で働く公務員を私し己が欲望現実化のために使役しながら。

唾棄すべきは、公に奉仕するべき者が、己の昇進を望み彼等「国賊」に仕える事実が存在することです。 

嘗て、或る官庁で現役時代に私自身が違法行為の疑いのある実務に加担することを拒否し、爾後は昇任昇格に縁遠い者と自他ともに認める存在になったものの、却って法令実務については上司からも一部議員からも信頼を得たことがあります。 全く自身の利害を考えずに虚心に法令解釈・適用を考えたからでした。 

違法行為への恐怖心が大きいのみで、たいした矜持の持ち主である訳でも無い私でさえも可能な公務遂行の仕方が、霞が関本庁に座るキャリア組の官僚に何故に出来ないのか、と疑問です。 

己の尊厳を傷つけながらアベに媚び諂い、得られる地位、俸給と年金にそれ程のものが加算されるのでしょうか。 

投稿: イチロウ | 2017年5月22日 (月) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍昭恵氏らの証人喚問を求める署名運動、今日からスタート | トップページ | われはながく苦しまん、6月15日の警官として »