« 「森友・加計問題を考えるシンポジウム」開催のお知らせ | トップページ | NHKはネット配信に執心する前にやるべきことがある »

われはながく苦しまん、6月15日の警官として

2017618

 戦後の日本の国会制度の基本とされた委員会中心主義(戦前は本会議中心主義)を蹂躙して「公明党への配慮」(実際は加計問題をめぐる安倍疑惑隠し)などというなれ合いの物言いで共謀罪法案が本会議で採決された615日。

 その57年前の同じ日に、樺美智子さんが反安保デモで亡くなった。あれから57年後の615日、奇しくも、当時の首相の孫によって共謀罪法案が成立したのである。

 57年前というと、私は地方の中学校に通う年頃だったが、大学生になって政治に「目覚めかけた」頃、樺事件のことを周りからよく聞いた。ほとんどは「警察の挑発に乗るな」といった「ご注意」だったが。

 去年、筑波杏明『海と手錠』(19615月版)という歌集に出会い、樺さん自身というより、あの時、デモ隊と対峙した1人の機動隊員の心中に触れて、樺事件の意味も改めて考えさせられた。

 さらに、目下、森友・加計問題で問われている「公務員論」を考える題材にもなり、ひいては、あるNHKOBが「放送犯罪」とまで断罪する「政府御用放送局」に劣化した昨今のNHK内の役職員の良心を考える題材にもなっている。

筑波杏明:1960年安保条約改定当時、警視庁機動隊隊員。歌集『海と手錠』の刊行を機に退職

 『海と手錠』の原本を手に入れたくて去年から、古書情報などいろいろ検索しているが未入手である。そこで、筑波さんも出席した誌上座談会「日本人の帰属意識六十年安保をめぐって-」(『Q』第30号、2004年刊)を入手したので、そのなかで筑波さん自身が再録した上記歌集収録の短歌数首を紹介しておきたい。感想など野暮である。

 ----------------------------------------------------------------

装甲車つらねてデモをはばむなか<殺ってしまへ>といふこゑがする

警棒に撲たざることをぎりぎりの良心としてわれは追ひゆく

思想なき警官として生きしこと夜ふけの窓にふと涙湧く

武装して守るに価せぬものと議事堂はたつ夜の霧の中

われは一人の死の意味にながく苦しまむ六月十五日の警官として

 


 

|

« 「森友・加計問題を考えるシンポジウム」開催のお知らせ | トップページ | NHKはネット配信に執心する前にやるべきことがある »

「政治」カテゴリの記事

コメント

「行政予算執行要監査」

ホワイトハウス、首相官邸、e-GOV、財務省、人事院、国税庁、総務省、内閣官房、、の問い合わせ・意見フォームで「行政予算執行要監査」の題名で、以下の警視庁へ送信した意見メール全文を送信した。

「警視庁への意見メール送信」

警視庁の業務に対する苦情・ご要望・ご意見のホームページにて、以下の意見を送信した。
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anket/opinion.html

全文を示す。

意見
確認事項 東京都内の警察に関する意見等
お名前
豊岳正彦
ご住所
岩国市山手町1-16-35
電話番号
0827211510

内容
全角1000文字以内
-------------------
「NHKが隠す幕張メッセ国際武器見本市の憲法違反」

長周新聞2017年6月19日刊の紙面から転載する。

「時評」幕張で大規模国際兵器見本市 (要約)

 2014年に武器輸出を解禁した安倍政府が、海外への国産兵器売り込みに力を入れている。

昨年は防衛省主導で世界最大の兵器見本市ユーロサトリに日本ブースをもうけて展示したが、今年は六月に幕張メッセ(千葉県)で大規模な国際兵器見本市(実行委員長・森本敏元防衛大臣)を開催した。

防衛省、経産省、外務省が後援し、米、英、豪、イスラエルなど33カ国の軍需企業や政府関係者など約四千人が参加した。

 今回の見本市は世界最大規模の軍需企業ロッキード・マーティンやオスプレイを開発したベルなどがスポンサー。

会場内には日本企業の軍需部品が多数並び、なかでも三菱重工の最新水陸両用車両が注目を浴びた。

水陸両用車は米海兵隊が上陸作戦に使用する兵器で、他国侵略に不可欠な装備だ。

三菱重工が大型客船事業から撤退する一方で、もっとももうかる使い捨ての殺人兵器製造に傾斜する姿が露わになっている。
______

このニュースを一切報道せず、加計学園問題ばかり取り上げるNHKの本当の狙いがここにある。

まず最初の国際武器見本市の実行委員長は森本敏氏であり、防衛相辞任後はいかなる肩書きで防衛行政に携わっているのか。

国会議員の資格でも国の防衛行政に関与することはできない。

立法、行政、司法の癒着を禁じた憲法の三権分立規定に違反するからである。

森本氏が民間人の立場で実行委員長を務めたならば、幕張という市街地で多数の人を殺戮できる実働の武器兵器を一箇所に集めて展示すれば警察によって国内刑法の凶器準備集合罪に問われるはずだが、主権者国民一般市民の日本国内安全を守る公務を憲法責務とする特別司法公務員警視庁や警察庁は何をしていたのか?

知っていて見逃したならば公務員職務専念義務違反という憲法違反の疑いがある。

そして現在、NHKが加計問題だけ煽って全メディアで報道過熱させているのも、幕張メッセ開催国際武器見本市が内包するこれらの日本国憲法違反を主権者国民の耳目から隠蔽するためである。

総務省特別放送法人憲法99条公務員組織NHKに、警視庁や警察庁が三権分立に違反して自らの憲法責務を放棄し従属していないか、

勤労納税子育て主権者国民という立憲法治日本国の君主が特別司法公務員組織に猛省を求める。
-------------------
使用992文字

情報発信元警視庁 広報課 広聴係
電話:03-3581-4321(警視庁代表) 

投稿: 豊岳正彦 | 2017年6月23日 (金) 01時17分

先生、五十七年前と言いますと、私は、未だ小学生でした。 でも、映画館でそのニュースに接して、激しく動揺しました。 

後に当時の政治状況を調べ、根底には、東西冷戦構造があり、日本の安保問題は、米ソ対立の影響も在ったのではないか、と思われました。 

皮肉な表現ですが、社会主義陣営の代理戦争を行っていた組織・陣営もあるように思われました。  

更には、国会突入等と言う過激な行動は、当時の反安保陣営を国家権力の弾圧に晒す冒険主義的行動の見本のように思えました。

それは、私自身が、インド独立運動のマハトマ・ガンジーの思想と行動を学ぶことに依り確信に変わりました。

身に寸鉄も帯びず、非暴力非服従を貫くガンジーの運動は、植民地支配者の大英帝国民衆にも同情者を輩出し、過激な暴力的独立運動よりも宗主国には恐れられたのでした。

其れに引き換え、日本の反安保運動は、暴力的挑発行動に傾き、一般民衆からも浮き上がる結果になり敗れた、と思いました。

因みに、私自身は、公務労働者の労働運動に身を投じた折に、自身の昇任・昇格差別に接しても動揺しませんでした。 それは、自分への支配者側の一種の賞賛の表現と思いました。
一労働組合役員が彼等にとってそれ程までに脅威になろうとは、我ながら立派なもの、と自信を持ったものでした。

差別する管理職層に同情者も多く、却って要求現実化が増したこともありました。 

スケールが違いますが、自分にはガンジーの影響が確かに在ったのでした。

今、この国の民衆は、多くの経験を踏まえ運動の在り様も一部過激派の影響を脱して、民主主義の原則に則り国民の多数派を形成するのが目的になっているようです。 

戦後に与えられた国民主権の制度を本来のものにするべく永続的な運動が求められているものと信じます。 

私の生きている間に、この闇が開けなくても、必ず太陽の光は射すものと信じます

投稿: イチロウ | 2017年6月20日 (火) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「森友・加計問題を考えるシンポジウム」開催のお知らせ | トップページ | NHKはネット配信に執心する前にやるべきことがある »